超平面

サークルの活動報告、各種レビュー、雑記等

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ラノベメモ3

ここ最近で面白かったラノベメモ

・涼宮ハルヒの驚愕(前・後)  (角川スニーカー文庫)


約4年ぶりの新刊。
前作でとまっていた話は完結。
佐々木さんの存在感が印象に残ります。

・レンタルマギカ 争乱の魔法使いたち(角川スニーカー文庫)

ついに最終局面に突入。
さまざまな陣営が入り乱れての乱戦の展開ですが、
この作家さんの文章は非常に読みやすいのでさくさく読めます。
次刊かその次くらいで完結の予感。

・囮物語 (講談社BOX)

西尾維新、物語シリーズの最新刊。
メインは千石撫子。
千石さんがついにラスボス化。
切れっぷりが素晴らしいです。漢らしい!
私もあんな風に職場でキレてみたいです。


・新約 とある魔術の禁書目録 Ⅰ、Ⅱ(電撃文庫)

上条さん復活。今後は浜面&一歩通行と一緒に活動の展開に。
魔術サイドと科学サイドが今後は密接に絡み、なかなか展開が読めません。
物理的な話については、深く考えず勢いで読んだ方がいいです。多分。

・ロウきゅーぶ!⑧  (電撃文庫)

ついにミニバス十人体制へのフラグが。
今後、チームとしてどうまとめるか展開が気になります。

・俺の妹がこんなに可愛いわけが無い(電撃文庫)

黒猫が痛可愛い。
リアルだと、まあ何かと大変なんでしょうが・・・。

・なれる!SE3 失敗しない提案活動 (電撃文庫)

今回のテーマは、炎上案件のプロジェクト管理。
元SEの身としては、こんな案件絶対にアサインされたくないw
主人公そろそろ過労死か鬱病になるんじゃないか?

・断章のグリムⅩⅤ  ラプンツェル下(電撃文庫)

やはりバッドエンドな雰囲気に。
最後まで主人公の味方が残っているのか疑問です。

・Fate/Zero 5~6 (星海社)

ついに本編が解決。
熱い展開が続きますが、途中からどう見てもライダー&ウェイバーコンビが主役に。
アニメだとセイバーにもう少し日が当たるのか?

・僕は友達が少ない6 (MFJ文庫)

いい意味で相変わらず残念なメンバーです。
このシリーズをアニメ化でどこまで表現できるのか期待。

・されど罪人は竜と踊る10 (ガガガ文庫)

使徒編の続きであり1年ぶりの新刊。
個人的にこのシリーズは、ダークにした禁書目録という印象です。
今回のページ数は過去最高で読み応えはありますが、
ガユスとギギナの毒舌応酬分が少なかったのが少し残念。


・フルメタル・パニック! マジで危ない九死に一生? (富士見ファンタジア文庫)


本編は完結しているので、おそらく最後になるであろう短編集です。
相変わらず楽しいお話ですが、本編の展開を知っていると
少しさみしくなります。
テッサの後日談がありますが、他キャラの話もぜひとも読んでみたいところです。


・半熟作家と”文学少女な編集者” (ファミ通文庫)


文学少女シリーズの短編集。
本編終了後、5~6年後くらいの話です。
もう文学少女という歳でもないだろういう突っ込みが入りそうな気がしないでもない。
新キャラの高校生作家がなかなか楽しい性格で、テンポ良く読めます。



スポンサーサイト

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/09/20(火) 00:23:07|
  2. ライトノベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コミック版まどか

コミック版のまどか3巻読了。

基本的なストーリーはアニメ版とほとんど同じですが、
テンポよく読めるようにまとめられていました。

個人的なコミック版のお気に入りは、アニメ版と異なり、いろいろな表情が楽しめるQBでした。


まどか☆マギカのラフその7(まどか)

ラフ20110531

テーマ:日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 2011/06/02(木) 00:39:08|
  2. ライトノベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラノベメモ

最近読んで面白かったラノベメモ(3~4月)

・花物語 (講談社BOX)
西尾維新、物語シリーズの最新刊。
メインは神原駿河。
語り口も神原によるものです。
最近では貝木の出番が増えて、阿良々木さんよりも台詞が多いです。

・ロウきゅーぶ!⑦  (電撃文庫)

今回は久々にバスケ編。
主人公がプレイヤーとしても勝負に出て熱い展開。
今年の夏アニメにも決まったそうで勢いがあります。

・ベン・トー 7 真・和風ロールキャベツ弁当280円(スーパーダッシュ文庫)

読むと腹が減るこのシリーズ。
今回も双子姉妹が良い味を出しています。
この作品もアニメ化決定とのこと。
スポンサーがとても気になります。(セガと日清は決定か?)

・Fate/Zero 2~4 (星海社)

熱い展開が続いています。
個人的には今後のライダーがどう動くかが楽しみです。
ちなみにこの作品もアニメ化もするらしいとのこと。楽しみです。

・断章のグリムⅩⅣ  ラプンツェル(電撃文庫)

電撃のホラーといえばのこの方の作品。
今回は、グロ成分は少なめですが、その分不気味さは増しています。
相変わらず、誰も幸せになれない雰囲気です。



まどか☆マギカのラフその2(さやか)

いつもは紙に鉛筆で下書き→スキャナで取り込こんで書いてますが、
今回はいきなりペンタブで下書きをしてみました。

やはり鉛筆に比べると難しい・・・

ラフ2

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/05/09(月) 23:39:07|
  2. ライトノベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラノベメモ

最近読んで面白かったラノベメモ(2月)

・傾物語 (講談社BOX)
西尾維新、物語シリーズの最新刊。
メインは八九寺。・・・のはずでしたが、実際は・・・
いい意味で期待を裏切られました。

・とある飛空士の恋歌5  (ガガガ文庫)

とある飛空士シリーズの完結編。
相変わらずこのシリーズは飛行機の操縦や空の様子についての描写が秀逸。
ストーリーもいい感じに完結しました。
主人公であるカルエルの成長も印象的でした。

・なれる!SE3 失敗しない提案活動 (電撃文庫)

今回のテーマは、提案活動。
提案資料作成のつもりが、成果物の作成になりそうな描写は笑えます。
今回、競合相手となった会社の元ネタ・・・どう見ても、私が前に在籍していた会社です。
(実際、作品中にあるような挑発なんかはありえませんが)

・Fate/Zero 1 第四次聖杯戦争 (星海社)

以前から興味があり、文庫化したのでこれを機会に読んでみました。
今回は著者が虚淵氏。
Fate/stay nightは奈須氏だったので、物語の印象に合うのか不安もありましたが、
読んでみると、違和感なく楽しめました。
続巻も月毎に出るようなので、期待大の作品。

・”文学少女”と恋する挿話集4  (ファミ通文庫)

文学少女シリーズの短編集。
今回も様々なキャラクターに焦点を合わせた話が多々あります。
なお、菜乃派の私としては、「”文学少女”見習いの、発見」がオススメ。
本編は完結しましたが、この短編シリーズはまだまだ続いて欲しいです。

テーマ:ライトノベル - ジャンル:小説・文学

  1. 2011/02/24(木) 02:46:26|
  2. ライトノベル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。